現在,ますます多くの人はふだんについて養生保健の常識的な知識はすべてとても注目なのが、健康な体を持つことができて、人々の日常生活の中で最も実現したいとのことですが、実は、みんなは普段が正しい養生保健の小さい常識の場合、それは自分の健康をある程度保障.

長時間塩漬けの漬物と、消化を助ける

p専門家は大力を推薦してカラシナ類を推薦する.例えばダイトウサイ、ザーサイ、 クローバー靑.カラシナの中でチオブドウ糖はとても高くて
,それの加水分解の製品は対がんの、多く食べて癌を予防することができます.天気が涼しくなった、漬物が悪くなりやすい、少し食べてもいいです.普通の人は、漬物の亜硝酸塩は高く、発ガン、発ガン、実は、この観点は完全には完全には.漬け雪漬け二、三日で食卓には科学的ではないので、短い時間に漬けた料理で、亜硝酸塩の含有量はとても高くて、しかし漬けた1カ月後、亜硝酸塩揮発ほぼ終わり、高菜とキムチにしか殘って豊かな乳酸菌、乳酸菌は消化を助ける.だから、人々と高菜キムチ特別ヲタ.

白い野菜、養陰唾液の分泌を促進して

p>野菜が白い<養陰唾液を分泌して、例えば、ダイコン、カリフラワー、ユリ、山芋など.夏の唾液損失深刻で、今ちょうどから秋,胆嚢炎、たくさん食べて唾液の分泌を促進して養陰の野菜.」白い一般唾液は濃い野菜.

1斤の野菜、毎日1斤の

を食べます

秋 日は乾燥して、だから多く食べて緑色の葉菜、ビタミン含有量は高くて、多く食べていい.1人の成人、毎日少なくとも1斤の野菜を食べて.ほうれん草、野菜、セロリ、シュンギク、ヒユナやにんじんなどの緑黄色野菜、それらと赤茶色野菜のようなだけではなく、ビタミンの含有量が多く、カロチン含有量が高い.そしてカロチンは人体の1宝、漢方医は気力、健やかな胃を補って、壮元阳、安五臓、治療の消化不良で、長く赤痢、咳、夜盲症などの治療効果が良いので、"と呼ばれる東方小人参」.油を炒めた後に食べること、人体内にビタミンAに転化して、機体の免疫力を高めて、間接的に癌細胞を消滅します.特に注意するのは、唐辛子などの辛さと、辛い食べ物、食べて.

実は、人間は成功したい、養生の方式でからだのなら、まず必要なの第一歩は良い选択組み合わせ日常の飲食、食べた後に体に有利な食べ物、みんなは明らかには多くをよく食べて、そのため、本稿で介紹の種類食べ物は、みんなに値するの選択.