足底筋膜炎

は整骨科臨床のよくある病気も、静生活者や運動が起こるに従事する者で、体重は重く、足の旋回前動作が大きく、長距離を走って、長い間立って、引っ越しを重量物などは、足底筋膜炎の臨床リスク因子.2012年じゅう月のJスポーツRehabil .電子先回り報の中で、アメリカ学者Anderson Jなどとアメリカ約いち、200万人犯で、最も一般的な病因を右足痛み.

2012年じゅう月のBMJ電子報では、オーストラリアの学者Orchard Jに関するレポート足裏筋膜炎の振り返り.病歴、身体検査で診断して病患者が起きた後、通常の床を離れる時の第一歩や長座後起き上がり第一歩痛み;触診踵骨の内側に踏む膜と激痛;踝部/大拇指背屈を引き起こす不良.少ない診断を行うことに映像をチェックし、治療にときのみ無効から考えて採用超音波検査や磁気振動造影検査、他の病状を右足部を排除する;一般的変化を足の踏む膜肥厚、異常信号などの組織.

は、保守治療には、痛みを軽減し、休憩、動作や荷重、マッサージ、鎮痛剤、ストレッチなどが含まれます.もし痛みに存在し続けるように、足を物理的に治療辅具、布を貼って、夜間の板や注射ステロイドなど.保守治療きゅう、く割近くを患者を改善し、体重も有効だが、行動が不便なことに、多くの病気が予定した体重を軽減して、病気は初期采荷体重の軽いの歩行計歩方式、そして更に増加荷重.しかも足底筋膜炎持続改善しないならろくヶ月を超え、施行体外衝撃波や足の踏む膜切核術.

注射でステロイドにとって、2012年ろく月のAnn Rheum Dis. 電子先回り報の中で、イギリス学者ボール冒険などをランダム化比較試験研究、評価の注射治療の効果を右足痛いステロイド.結果、注射後にろく週間とじゅうに週目には、各グループの痛みも著しい違い意味.注射後にろく週目には、超音波誘導注射ステロイド組のVAS痛みよりプラセボを採点注射グループ19 . 7,触診注射ステロイド組と慰め組の差24.0注射.注射後にじゅうに週目には、超音波誘導注射ステロイド組のVAS採点注射よりプラセボを25 . 1組、触診注射ステロイド組と注射慰め組のVAS点差28.4.超音波を使っても触診はステロイドの効果によっては違い、2組の注射後中底膜の厚さが著しく小さく小さくする.

2012年きゅう、く月のClin Biomech(ブリストル、Avon).電子を紙に,香港の学者Fong DTなどの研究を着ていない靴歩行や四種の靴の状況を歩いて、つまり普通の靴、弧状底靴,胆嚢炎、普通の靴を加え、足底の靴辅具弧を加え辅具足.>