胆嚢炎とは
胆嚢炎は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症です。急性胆嚢炎、慢性胆嚢炎、無石胆嚢炎、気腫性胆嚢炎と様々な胆嚢炎があります。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。

胆嚢炎の原因
急性胆嚢炎は約9割が胆石による物です。胆石が胆管に蓄積し、閉塞することによって炎症を起こします。胆石保持者の発症が多いと言われています。ほかは膵酵素の逆流などがあります。無石胆嚢炎の場合は細菌感染が主な原因ですが、長年の静脈の栄養補給によって発症することもあります。またタバコとの関連性も指摘されていますが、注意してください。

胆嚢炎の症状
右季肋部(右肋骨の一番下のあたり)や心窩部(みぞおち)の痛み、またその部位の圧痛(押すと痛い)、筋性防御(腹腔内の炎症によって、その部分の腹膜が緊張して硬くなること)、吸気時の腹痛(Murphy sign(マルフィー徴候)、発熱が見られます。吐き気やおう吐をともうなう事もあります。また、検査の結果では、白血球数の増加、CRP(炎症を示すタンパク質)の上昇が見られます。CT、腹部エコー、MRIでの画像では、胆のう壁の肥厚、胆のうの腫大、胆のう周囲に体液が貯留している様子が見られます。重症では黄疸(白目や皮膚がビリルビンの沈着によって黄色くなること)が見られます。

有石胆のう炎の場合、過食後右上腹部に激しい痛みが生じるとされています。 無石胆のう炎の場合、はじめは特徴的な症状がなく、発見されづらい場合が多くなっています。

急性胆管炎は、発熱、腹痛、黄疸が主な症状で、Charcot(シャルコー)3徴と呼ばれます。これに、意識障害、ショック(血圧が下がり、生命の危機にある状態)を伴うものはReynolds(レイノルズ)5徴と呼ばれます。血液検査では、ALP、γ‐GTPの上昇、白血球数、CRPの上昇が見られます。画像では、胆管の拡張や胆管結石(胆石)が見られます。