に教えてもらった先生が多く、私をさせて印象深かったのは盛先生で、彼はとても面白くて、字の高い、痩せて、鼻筋に着けていた眼鏡、いかにも学問がある.一日課、あなたは永遠に忘れないで、私は3年生彼は私の一節課に言って、私の3年生の授業は、私の1節の授業に言ってください.

授業、クラスメートたちは急いですわり先生が授業をしてください、と言うかもしれない笑話か、正当盛先生の話は非常に興奮してた時に、もう一人のマスターが現れ、彼は一人の“画家”は、授業の時にも断固としてあきらめないで自分の任務機の下にこのようで、それを横切る.私の隣席のよ、どうして今作画ないです、Huoer盛先生はその千裏眼と遠耳を見たこの作家は作家を光の速さで静かに彼の身の回りまで鑑賞して作品と思う:私の同じテーブルで、もう君がひどい目に遭いの.画家の隣の同級生は笑いながらも我慢して、『画家と絵を描いていると、声を入れ、先生はいいですよ.!良い!よくする!打ち方が妙!打たれるカエルは呱呱た!すみません、誰が勝った?」クラスほえる――がクラスの爆笑、長い時間を止めないと、そこには“画家”やっと悟って、盛先生を持って“画家”の作品に教壇で、一番の皆さん見て、私たちの“画家”を描く構私たち現代黒「社会が暴力を持って、斧を切りに行く人、見て、ちょうど李白の「望廬山滝:血流直下三千尺、疑われる銀河が九日です!」クラスで再び爆発、これはちょうど終わり、先生は続けざまには、作品を手にしてオフィスに独自に独自"鑑賞した.

私は、これは私の最も好きな“ユーモアの巨匠”です――盛先生.