今のビールの種類が多く、生ビール、熟ビール、低醇ビール、果実、ビールなど.ビールの成分が違い、人々の体質も違っているので、ビールも人によって違います.韓教授はわれわれ生活によくあるビールを挙げている.

生ビール:また新鮮ビール、このビールは殺菌する、独特のビール風味がありますが,保存しやすい.生ビールの基礎の上に、純生ビール、純生ビールを経ない殺菌が、加工過程中での厳しいろ過プログラム,胆嚢炎、微生物、不純物を除去し、保管して数ヶ月は変質して、広大な消費者の愛顧を受けた.お酒に生きるイースト菌缶後で、甚だしきに至っては人体には継続して生化学反応のため、このビール飲みやすい人を太らせる、比較的にやせた人に適している飲料.

普通のビールは殺菌して、菌を殺した後熟ビール.酒中の酵母はすでに加温にされて、発酵、安定性が良いと、太った人は飲用に適している.

干ビール:このビール、ワイン、酒に含まれる糖の濃度によって、普通のビールもきっと糖分の殘り、ビール酵母を使用して特殊な殘り続けて発酵糖糖を下げて、一定の濃度を叫んで、乾燥ビール.太りや糖尿病の患者に適して飲むことがあります.糖尿病の人はもちろん、飲酒を主張することはありません.

p>,
痩せ薬専門店;と<低醇ノンアルコールビール:利用特製の工芸令酵母発酵糖、発生香りだけ物質は、アルコール、ビールのさまざまな特性を備えて、味、口当たりがいい.普通のビールアルコール度は5ぐらい、醇ビールは普通アルコール度制御は1 %以下、アルコール含有量もないと言っても.このビールは低度のビール、それだけの糖化麦汁についての濃度とアルコール度低醇ビールよりも低く、だからとても適する女性、児童と配偶者者の飲む廃疾.

運動ビール:普通の人は水で水分を補い、選手は木を失い、体の中には多くの微量元素、选手によって自分自身のこと、ビールの中に選手に必要な微量元素と栄養の物質、試合終瞭後にビールを飲むことができ運動する復体力.体育運動が終わった後の人々には、失った養分を補充することができます.

“ベスト”はいくつか“ベスト”

12度ぐらいは良いですが、12度ぐらいがいいです.第一に、この温度調節の下で、多くの香りが正常に発揮します;第2、この温度の下で、酒の中の二酸化炭素が徐々に作用,泡と持ち出し吟醸香が、温度が高くては駄目、二酸化炭素がすぐに消えて、口当りはよくなくて、温度が低いからもよくない影響の香りの揮発性ということによって、口当りはよくない.韓教授はみんなに、ビールを飲むのは氷の氷を入れないで、ビール自体がとても薄いため、氷の氷は味に影響します.

一:ビールは少なくとも15ミリリットル以上飲みます、ビール、ビールは細田飲みに飲みます.飲みになら