1日1粒のリンゴ、医者を遠ざけるを信じて、みんな観学院の雀は蒙求を囀るの俗諺.リンゴは日常生活で一番よく食べられる果物です、食物繊維が多く、便秘・便秘・下痢・ビタミン・ミネラルも体の健康にも役立ちます.でも、リンゴの利益は美容に目減り、中のアップルポリフェノールというのは、得難いのスーパー成分です!

アップルポリフェノール?

は、リンゴに多く抗酸化物(ポリフェノール)の総称である、カテキン,フラボノイド、前アントシアニンなど、以前にアントシアニンが最高、約65 %占めている.その抗酸化効果も、体内の活性酸素物質を有効にすることができます.アメリカ農務省や老化による国立研究所が発表した抗酸化能力指標は発見して、リンゴの抗酸化能力はゴマのじゅうななじゅうしち倍、緑茶のはち倍、ブドウのさん倍!

リンゴポリフェノールの効能

には体重を制御するこのように、脂肪は小腸で消化吸収し、吸収できない脂肪が直接体外に排出され、脂肪が体内にたまって体内に蓄積されている.日本の有名ビール飲料メーカー朝日グループは、軽度の肥満患者にアップルのウーロン茶を添加したウーロン茶12週間後,胆嚢炎、内臓脂肪面積平均で16平方センチ減少し、内臓脂肪面積平均は16平方センチ減少.

生活習慣病予防には生活習慣病が予防て

体が耐酸化力不足時、血液中のコレステロール、中性脂肪は活性酸素物質で酸化する、肥満、動脈硬化、癌などの疾病を誘発しやすいです.リンゴポリフェノール、脂質酸化、コレステロール低下を防ぐことができます.美容栄養研究家の丸田美和子は、りんごも増え続け、筋力、脂肪の代謝を高める.

ディレイ老化を遅らせるテレビの集団で動物実験によって発見、リンゴのナイアシンは老化の元凶としての活性酸素物質を除去することができて、また48 %の寿命を延長することができて.健康に健康で活力がありますか.りんごを食べたら、そうだ!

アレルギーを予防する日本の野菜の栄養士区立瑞穂は、リンゴのフェノールは誘発アレルギーの物質,アレルギーを抑制することができます免疫反応、アレルギー症状を緩和します.

には美白作用があると

美白作用リンゴポリフェノールは、細胞の老化予防、美肌効果、口臭予防効果、天然美白ケアの聖品です.

食べてこそ、効果があると

何を食べて

この町には、リンゴのポリフェノールは皮と皮の近くに集中していますので、りんごを食べる時に皮をむかないようにし、皮を食べて食べては完全に摂取します.それにより红澄澄の完熟リンゴを持って、靑緑色の未熟リンゴポリフェノール含有量が高く、その濃度は赤いリンゴのじゅう倍!また、リンゴのために、りんごは