有名な司会者アメリカ

林克莱特日訪問1名の子供、彼に聞いて言うこと:“あなたは大きくなったら何になりたいですか?」子供は無邪気な答え:うん、うん.…私は飛行機のパイロットになりたいと !

林克莱特続いて聞きます:“もしある日ならば、あなたは太平洋上空を飛行機で飛ぶすべてエンジンが停止して、あなたはどうしますか?」私は先に飛行機の上の人にしっかりと安全帯をしっかり縛って、それから私の落下傘を掛けて飛び出して行ってきます.」現場の観衆に笑うがたがた時、林克莱特続けている子供を見たいと彼は利口振るのは馬鹿のしるしやつ.まさか、そして子供の2行の涙が出てしまって、それが発覚させた林克莱特この子の同情の気持ちが生まれ筆墨を形容することができる.

そこで林克莱特彼に聞いて、なんでそんなことになる?子供の答えは、私は燃料を取りに行きます、私はまだ帰ってきます!人が話している時、あなたは本当に彼の言う意味がわかりますか?わかりますか?わからないなら,人の言うことを聞いてください,これは聞いた芸術:聞く、半分に聞いてください;自分の意味を,胆嚢炎、他人の言うことに投射ば.