p>背<<時よくたたく旺

背中をたたく比較中高年の人で、人体の背中が豊富な脊椎神経と臓腑の針灸のつぼ、背中をたたくしかし刺激の背中の皮膚、皮下組織のつぼを通じて、神経係と経絡の伝導を強め、内分泌と経絡係の機能、免疫機能強化の病気への抵抗力を高め.快適な筋の血行をよくすることできて、筋肉をリラックスして、防止慢性腰痛や腰筋過労.血液循環を促進し、皮膚の栄養改善、背筋の新陳代謝を加速します.可を鎮めて宁心、中高年に多種慢性病の治療の作用を患う.背中をたたく手法を均等に力を入れなければ、弾力性があって、そっと叩く、毎分の100の下で、毎日1~2回.背中をたたくたび時間30~50分以上の下をそっと宜をたたく.厳重な心臓病者は慎重に、背中をたたく.

p〉〈時はよく<>髪結い脳神通

孙思邈髪はカラダを喜ぶ沢、顔色が輝き、鬢うるおい、耳目抜け目が食美、力、強健万病の.梳と伝統は櫛形と称し、指で髪を梳きして頭をマッサージすることを指して.中古の五本の指を入れて指折り数えで髪の間に沿って、額から頭上から後頭部を巡って頭を押し、毎回10度~百度.アクション宜なめらかで、毎日3 – 5回の櫛を使ったり、1回100度、疎通頭部経絡、抜け毛や髪が早く白防止.頭部は人体の属性は陽の経絡の集まるところよく梳頭経絡血気を刺激することができた下りて、予防と治療の高血圧、動脈硬化症や通調太陽、少陽の気を引くことができ、また血気治療に上り、脳供血不足.髪が真っ黒に光って、疲労、目覚めて頭を解消することができます.

p <>面時<宜多く血気を平
pは、血をたくさんふいに.マッサージ顔面、また混浴面、陽の陽を刺激することができます.方法は両手にこすり、手のひらで十数回.両手で顔を轻擦やや、毎回1 – 2分、毎日2~3回.中あし三陽経経絡システムでも頭から顔を拭いて、面が疎通経絡を顔面美容の作用.毎朝、両手をこすって熱、中で、鼻の両側に沿って下により、他の指をつけるまで額の部の両側に別れを経て、頬が降り、洗顔にじゅう余度塗る.顔を赤くする、少生しわ、顔面神経麻痺を防ぐ.また疲労解消、精神的役割を奮起.適用が顔を改善することに役立ち、特に耳の末梢血行.

目宜常运花
『p』漢方医は、運動に運、つまり眼球回転.目を閉じて、左から右へ回す眼球の6 – 10度右から左に回して、それから6 – 10度.眼球回転が遅く、そして目を閉じ、突然目を覚ます.速度が平均して、すべての回転方向が2~4の拍子.眩暈、眼病に対する中高年の高齢者が適切に適切に、高齢者の目を常用することができる