p流行のヨガで練習し、空腹練習を求め、練習前と練習後2時間で食事をすることができ、練習の前に3時間前に食事をすることが要求さ.練習する前に2時間も食事をして、練習ヨガは1時間、このような要求に、練習者は食前第三時間、食後第三時間にヨガ練習を行う.人に一般の3度の食事の時間、現代人の生活と習慣、人々は適切な時間を探し当ててヨガ館やジムに行くヨガ授業を見つけることは難しいです.

に多くの人が朝食前に第三時間で就寝中の七時に朝食は,午前4時,8時に朝食は午前5時、この時に起きてヨガ、大多数は、現代人にとっては不可能のこと、朝食後第3時間が、必ず出勤ました.中華料理は前後3時間、もちろん通勤時間.夕食前第3時間、普通はすべて仕事の上で、夕食後第3時間、ヨガ館とジムはすべて閉鎖しました.

この状況下で練習ヨガの飲食要求を達成し、ヨガ館やジムで練習する時間もあり、仕事の必要はないとしても、仕事の人材は必要にされています.仕事は一家を支える人乱させざるを得ない正常な飲食の時間や習慣として、多くのヨガの練習者からおなかがすいて東西を弁えず.混乱、正常、無規律の飲食、常に性の飢餓、必然的に人体の消化システムの機能に損害をもたらします.

pヨガヒットの一つの一番重要な原因は,胆嚢炎、ダイエットができるということです.ヨガはダイエットの機能がなくて、ヨガダイエット成功を練習することができます.少数で練習ヨガで体重が軽減される、通常は练習の飲食が少なくやせた、多くの人が消化システム機能障害、罹患、胃腸病にかかる.

今は少し明確に:少数人はヨガダイエット成功は練習するヨガがもたらした飢餓と消化システム疾病の功のため、ヨガの体と関係ないのは関係がありません.

前に練習ヨガの前後2時間も飲食の要求をしないと、一般の要求は一般的な要求だ.せるためにダイエット効果がもっと良くて、また要求练習ヨガ前後3時間は絶対に食に加え、ヨガの一時間、全部で7時間前後を飲まない厳しい食、食べる量を制御して、精進料理を食べて、いわゆるヨガ食.お腹が空いているヨガは、その体力を食べて、食事量と精進料理を制御すると、すぐに体が崩れるようになり、また、その内外で挟撃、やせても難しくはありません.健康に大きな損害を与えている.

的には、ヨガ、ヨガ、飢える、飢えるを練習することはできませんし、飢えるを練習することはできません.ヨガの練習のヨガの前にどのくらいの飲食、2時間、3時間も生硬て1つの限界を漕ぎ.同じ食事を食べると、豪華な食事を数枚の葉が、百八十粒ライス、1小口スープのいわゆるダイエット食、同列に論じてはいけない.前者は消化に消化して、後者は後者です