明だけ消毒水換えない
" p "私たちは小さい池は、池に1つのお金、基本的に1つの月に一回の水.広州市の多くのプール、特に大型の、すべて水を交換しないのです.」天河区で华港ガーデン内の派澳フィットネスセンター、取引先のマネージャー洪さんは記者に歯に衣着せぬ.

記者は、プールの水が澄みきっている、明らかに瀋殿が見える.露天プールなので、漂う虫が見えるのは.

p記者はその後の取材に、多くのプールで作業員の回答でサモ・ハンさんの言い方が確認されました.越秀区錦城花園プールのスタッフで記者団に対し、本当の池水を終わって、着替える池新、時間がかかり、こんな影響プール営業.すべてのプールは循環水システム、1部、また新たな水を入力している.循環水に占める割合係総池のいくら、数名のスタッフは言い方が大ざっぱである.

洪さんを強調し、プールは毎朝水循環システムを開いて、しかも毎日消毒、水泳プール要求をかぶり、サングラスさんがシャワーキャップをかぶって、池の中に落ち防止髪.また、プールは会員に開放され、同時に水泳の人数は20人程度で、水泳前にシャワーを浴びて、衛生問題は絶対に安心です.

でも、広州近くでよく雨が降って、多くの団地のプールはすべて野外で、消毒して水を換えないで本当に衛生を保証することができますか?

救命士:全身兼任数職
pは記者の調べによると、コミュニティプールは面積の大きさに応じて専任の救命士を配備する必要があり.東風広場、プール面積が大きく、制服の4人が制服の救命に4人がいます.彼らは、またはプールサイドに座っている、またはプールサイドパトロール、非常に忙しい.

は記者の多くの団地はプールで、東風広場のような配備こんな大々的にやる救命士チームのは珍しい.多くのプールは1人の救命士を配備して、兼任員、車掌の数職を配備しました.天河区密猟徳花園、救命士は、水泳コーチ、800元には教会が教えてくれているから、自分は800元には教えてくれているから、自分は水泳を教えてくれているから.

の夕方頃、錦城花園団地のプールで、ご人プールで、うち2人は子供.プールサイド、2人の救命士1体は着流し、ビニール椅子に座ってチャットしている.記者会見が高ベンチで眺めに貼ってあるプール塩素、PH値データ時、その中の1名の監視员の笑いは記者に教えて、それは私が書いたのは、書く訳が不合格のデータ.私たちはまったく雑魚になった !消毒工は私、救命士は私に、データは私、私はこれらの仕事は5年でした.

は業界の人士が明らかに、池の中の澄みきっていて、美しい、プール管理員は漂白剤の投入を惜しまない、むしろ多く放しても少ない.市民は水泳の後に皮膚のかゆみ、目がかわき、髪の毛がからまっているのが現れた