キュウリの栄養価キュウリ味の甘性は涼しくて、熱を下げて利水を持って、解毒効果、胸が熱く、利尿など独特の効果、除湿、腸に滑って、鎮痛効果もあり,プロ酸が炭水化物の物質を抑えて脂肪に転化してから,肥満や高血圧、高脂血症患者に有利.ひょうたんC Cは抗癌、キュウリの汁は美容効果があります.黄中タンパク質、脂肪、炭水化物化合物、ミネラル(カリウム、カルシウム、燐、鉄、ビタミン(VA、VBいち、VBに、VC、VE)、プロ酸などの成分.頭には葫芦A、B、C.キュウリインド原産のヒマラヤ山脈南麓の熱帯雨林帯地域.最初のキュウリは野生、瓜は黒に刺し、味は食べられない.野生キュウリは長期の栽培、馴化、苦味が軽く、食用になり始めた.その後、キュウリが伝播世界各地まで,胆嚢炎、さらに自然選択、人工の選択とするが、多くのバリエーションを形成や生態型.また各地で勝ち抜きや改良、発展が今の多種栽培品種になりつつある.地元のキュウリ一般肥で短い;果皮緑、黄色縞、長さ20 – 25センチメートルぐらいで.別の1種のローカルとても普遍的で、その果実皮赤褐色、マレー名称をtimun(瓜)ladang(乾田)、華人とは古いキュウリ、アジア人が喜好.きゅうりは重要な靑果には野生者はいない.インド北部ヒマラヤ山の南に似た種類があり、その産地としても.纪元前は東に西へと伝え、十九世紀にフランスで栽培されている.癌性発熱、炎症性発熱の患者で、キュウリを食べても解熱.腹水、胸水または全身浮腫の患者で、キュウリを食べても作用があります.発熱、浮腫などの場合、キュウリを多く食べても有益な.