南京に韓国料理店は安くて、金陵グルメですこぶる言い伝えがあって.しかし客の流量が増えるにつれて、店主は1件の小さな事に頭を傷つけ始めた .

を元に、この店を提供する韓国から輸入の秘制味噌、平日はテーブルに置いて任せ食客に受け取る.独特、口当たりがまろやかなため、いつも自覚のない食客が去っていくうちに.時間が長い、料理店には小さな損失をこうむる.

は、料理店の1つの金看板で、もし供給を停止するならば、必ず商売に影響することができます.食客を怒らせないためには、損失を小さくすることができるので、店主は、その問題を解決しようと考えて、この問題を解決しようとします.彼は味噌の大瓶を小瓶に換えて、壁には暖かいヒントを貼って、甚だしきに至っては味噌の濃度を希釈しました.でも、なくした味噌はやはり少なくなっていないと思っています.

主人は困っていると、いつも食客になっていないと、かばんを開けて検査して要求しては.

" p " p>は手にしていない店主がフォーラムでは妙計を募ると、すぐたくさんのレスを受け取り、その中に味噌のキャップをすべて取り崩すと提案しています.店主はどのような意味を知らないが、死馬馬の医学として生き、半信半疑に実験をした.おかしいですね,これから料理屋は味噌が少なくなって.店主の喜びのあまり電話こちらのユーザーに感謝して、道理に教えて、あなたは気軽に回答:道理は実はとても簡単で,誰かの味噌を入れて蓋をはずしバッグやポケット,胆嚢炎、させる中あちこちちゃんはどうですか?