体をどう扱うか、体はどうするんだ!と同じ、梳は健康、健康は疏離となる.

と専門家は指摘する、良いクシ相当ブロック刮痧板は、整理髪型の機能、マッサージ養生、病気の予防効果.よく髪をとかす、健康をとかして.

p〉〈時は<>櫛かに体の防止、万病
p>と<漢方説:人の頭部は諸陽が会に集まって人体の重要な経絡と40数十カ所の大きさや特殊ツボ刺激区.これらの経絡とツボから起動し、血気、濡养全身ほか邪、コミュニケーションに表に下の役割.よく髪はこれらのつぼマッサージ、髪の根元の血液循環を加速、毛根堅固で、髪の色が黒潤ことによって、経絡を疎通して、血液循環を改善して、寧神経ってから飛耳長目、覚醒さ、養生保健などの作用.

は、クシで体の違い部位によって異なる作用があるのです.クシで首の大椎穴が風邪の予防に、マラリア、頚椎病などの病気を防ぐことができます;クシで背中を入れる;クシで手、髪を足で、体の抵抗力を強め、授乳期の女性にとって、乳の櫛櫛で、乳房の血液の循環加速、強化乳分泌や排泄滯留乳に欠けて、産後乳、積乳、急性乳腺炎などが良い改善作用.

p〉〈時は> <毎日5分、体の健康を保つ
は毎日朝晩はクシで経絡方向に、均一な力、前額の真ん中から頭、枕部、首梳、また両側、100回程度、養生保健の役割を果たすことができる.また、専門家は注意し、飽食の後は髪をとかすて、好みに影響を与えないようにして消化.その他の余暇時間はすべて髪をとかすことができて.

いなければくし、しばらく指で代わりに櫛、生え際前の眉間穴正中線からポンプ頭皮、髪の手入れもあり、通経すばしこくて、させて作用.

時をp <もっぱら専用が健康被害に
コームは、櫛を使う時、できるだけコームにしてはならない、違う場合によって異なる櫛を使用します.

ドイツハンブルクの理容師マーリー糸默勒紹介にメンテナンスを行い、髪を使用する必要があり、さまざまなくしもあり、非常に日常の看護の通用櫛が、頭皮をマッサージや各種髪型も異なる櫛.

Pは疎らな髪の毛に適していて、きめ細かいな発毛の糸が出て、更に密集して外に見えて、しかも密な歯は頭皮に接触して地肌が多いです